“ケドロスティス・アフリカーナ” – 実生苗成長中

“ケドロスティス・アフリカーナ” – 実生苗成長中

去年、実生苗より8つの種が採れました。その時の記事は こちら からどうぞ。 今年はその種より8つ全部が発芽し、すくすくと成長しています。 この実生苗の親の株は、下の写真で、バラの隙間を忙しく駆け回っているこちらの蔓植物です。 今年もまたオレンジのフルーツがなったらいいなぁ、と想いは膨らみます。

“Peperomia polycephala Atiquipa Peru” ー コミカルな宇宙

“Peperomia polycephala Atiquipa Peru” ー コミカルな宇宙

わたしは まっすぐで凛と伸びる植物の姿がだいすきです。 そして それとはべつに 完全にちかいまん丸の葉っぱをもつ植物に すごく惹かれます。 少し前に我が家にやってきたこの植物を観察するたびに 胸がドキドキします。 まん丸の葉っぱがポンポンと 塊根から生えている 妙に不可思議で コミカルな宇宙からやってきたような こんな生き物と一緒に暮らせるなんて この世界も捨てたもんじゃない〜! と毎日のように思っているのであります。

“オキザリス・メガロリザ” ー 開花している

“オキザリス・メガロリザ” ー 開花している

日本語では、オキザリス・メガロリザ、ツヤカタバミ(艶酸漿草) というらしい。 ほんの3週間ほど前にやってきた。 箱に入れられて郵送されてきたのはとても暑い日だったので、根腐れを起こして葉が黄色くなって落ちた葉も何枚かあった。 夏に生きた植物を郵送するときは必ず速達でお願いいたしまする。 咲いてすぐに種ができるみたい。 以下おぼえがき。↓ オキザリス・メガロリザ、ツヤカタバミ(艶酸漿草)、オキザリス・メガロリーザ、オキザリス・カルノーサ、オクサリス・メガロリザ、オクサリス・カルノーサ学 名 Oxalis megalorrhiza Jacq. (異名/Oxalis carnosa Mol.)分 類 カタバミ科オクサリス属原 産 チリ、ペルー、ボリビアタイプ 多年草栽 培 水はけのよい土に植える。日当たりのよい場所で栽培する。夏は落葉して休眠するので、水遣りは控えめに。(←イギリスでも落葉するかな?) 冬から翌年の初夏くらいまで開花する。こぼれ種子でよく殖える(種子は弾け飛ぶので、収穫する場合は袋をかぶせておくとよい)。(←やっぱり!) 最低越冬気温は5℃前後。(←寒さには案外弱いらしい。)