Archive for ‘開花’

“オキザリス・メガロリザ” ー 開花している

“オキザリス・メガロリザ” ー 開花している

日本語では、オキザリス・メガロリザ、ツヤカタバミ(艶酸漿草) というらしい。 ほんの3週間ほど前にやってきた。 箱に入れられて郵送されてきたのはとても暑い日だったので、根腐れを起こして葉が黄色くなって落ちた葉も何枚かあった。 夏に生きた植物を郵送するときは必ず速達でお願いいたしまする。 咲いてすぐに種ができるみたい。 以下おぼえがき。↓ オキザリス・メガロリザ、ツヤカタバミ(艶酸漿草)、オキザリス・メガロリーザ、オキザリス・カルノーサ、オクサリス・メガロリザ、オクサリス・カルノーサ学 名 Oxalis megalorrhiza Jacq. (異名/Oxalis carnosa Mol.)分 類 カタバミ科オクサリス属原 産 チリ、ペルー、ボリビアタイプ 多年草栽 培 水はけのよい土に植える。日当たりのよい場所で栽培する。夏は落葉して休眠するので、水遣りは控えめに。(←イギリスでも落葉するかな?) 冬から翌年の初夏くらいまで開花する。こぼれ種子でよく殖える(種子は弾け飛ぶので、収穫する場合は袋をかぶせておくとよい)。(←やっぱり!) 最低越冬気温は5℃前後。(←寒さには案外弱いらしい。)

“ペラルゴニウム・アリドゥム” – 開花

“ペラルゴニウム・アリドゥム” – 開花

昨日庭に出ると、ふと見慣れないものが目に止まった。それはとてもとても小さくて見逃してしまいそうなくらい小さなお花だった。色だって、とても細やかだ。 私にとって、ペラルゴニウム・アリドゥムの花ははじめてだった。 実は、昨年11月、この株にはこんなことが起こっていた。 何かおかしいと思って土から掘り出して根を見てみると、何者かにすべての根っこが食べられていた。信じられなかった。。。 だから、今回の開花は特別な思いがこみ上げてきた。こんなにも早く元気になって、春にはお花が付けれるなんて。 わたしはとてもあたたかい気分になった。

春一番のバラ – “Maigold”

春一番のバラ – “Maigold”

今年のイギリスのイースターホリデー(春休み)のあいだ、2週間ほど日本に帰省中していたのですが、その間に、このバラが咲くのではないかとずっと気になっていました。 帰ってきて、 庭を見て、 やっぱり!!! こんなにたくさんのつぼみと満開のバラに感動! 今年はまだかまだかと息を呑みながら見守ることはできませんでしたが、家に帰ってきたときにこんなに素敵なバラが迎えてくれるものいいものだと思いました。 留守中のねこのお世話と水やりをお願いしていた、近所に住む小さなお友達に感謝します。どうもありがとうございました。

はじめましてのごあいさつ

はじめましてのごあいさつ

ロンドンのとある古い住宅街の小さな庭で、植物を育てはじめて5年が経ちました。 この小さな庭のある住処に引っ越してきてまもなく、専門的な知識などはなにも持たないまま植物を育てはじめました。 熱意だけで始めたガーデニングですが、月日が経つとともにいろんなことを学びました。 分からないことがあると、取りあえずインターネットで検索するようなやり方でしたので、世界中のたくさんの方々のブログやホームページからほんとうに貴重な体験や知恵を学ばせてもらいました。 わたしも、植物について得た知識、植物から学んだこと、その周辺のその他もろもろを、ここに残していこうと思い Botany Notes のウェブサイトを始めました。微力ではありますが、少しでもみなさまのお役に立てれば幸いです。