“ディオスコレア・シルバチカ” - 目覚め

去年、種から実生苗を育てていました。

冬になり、葉が黄色くなり冬眠に入った時、鉢を掘り起こしてみたらびっくり。一つの茎を辿って地下に入ると、なんと、幾つもの小さな芋がくっついていたのです。

“Dioscorea elephantipes (亀甲竜)”は以前より育てているのですが、こちらの方は、一つのお芋がだんだんと大きく成長していたので、地下でジャガイモのようになっているとは思いませんでした。

そして、冬を越すために、お芋をばらばらにして土に埋めておいたものもありましたが、幾つかくっついたまま、そのまま埋めたものもありました。正直言って、どうしたらいいのかよくわからなかったのです。

そして、6月の今日、こんなことになっているのを見つけましたー!!!

“Dioscorea Sylvatica” by Botany Notes, 2019

なんと、新芽が出ています。しかも、こんなところから。(笑)

またもや、どうしたらよいものか考えましたが、このように、そのまま植えました。

“Dioscorea Sylvatica” by Botany Notes, 2019

これからどうなっていくのか、楽しみです!!!

“Discorea Elephantipes”

“Discorea elephantipes” by Botany Notes, 2018

“Discorea elephantipes” by Botany Notes, 2018

“Discorea elephantipes” by Botany Notes, 2018

It just woke up from its dormancy. It’s 2 years old and started being wrinkly!

“Dioscorea Sylvatica (ディオスコレア・シルバチカ)” – germination – Seedling

caf9fb04-3ccb-4cef-8904-3303bb675c68
Seeds of “Dioscorea Sylvatica” by BN, 2018

Sowing : 25. May. 2018

Rooting : about 1 week

[Notes] medium – vermiculite, water in propagator / room temperature (about 22c) / germination rate: 80%

It’s my first time to sow “Dioscorea Sylvatica”. I have sowed “Dioscore Elephantipes” a few times in the past. It normally takes for 2 months to get germinated so it was a good surprise!

img_1787
Germination of “Dioscorea Sylvatica”, by BN, 2018

img_1746
The first leaf of “Dioscorea Sylvatica” by BN, 2018

(備考) ディオスコレア・シルバチカは、亀甲竜の葉を少し細長くしたような形をした葉をつけています。種も見た目はあまり変わらないように思いました。ただ、発芽のスピードが格段に早くてびっくりしました。これは、種類が違うからなのか、今回入手した種がたまたまそうだったのか、真相はわかりません。

“パキポディウム・エブルネウム” – 発芽 – 苗

img_6075
“Pachypodium Eburneum” by BN, 06.04.2018

[播種] : 2. April. 2018

[発根] : 5. April. 2018

[科] : キョウチクトウ科

[原産] : マダガスカル

[海抜] : 1500 – 1999 メートル

[備考] : 播種まえの24時間、メネデール入りの水に種につけました。種がかなり水を含んだように見えました。もう少し短くても良かったような気もします。

5個中すべてが発根しましたが、そのうち1本は成長が止まってしまったので、現在は4本の実生苗として成長しています。そして、すごく健康そうなのはそのうち2本。あとの2本は、この健康そうな実生苗に比べると成長も少し遅く、細いです。

[追記] : 2019年4月、1年目の冬を無事に越したのは、そのうち1苗のみです。

dsc_0002
“Pachypodium Eburneum” by BN, 08.05.2018

“アデニア・イサロエンシス” – 発芽

Adenia Isaloensis - germination
Germination of “Adenia Isaloensis” by BN, 2018

[播種] : 15. April.2018

[発根] : 約1週間後

[備考] : 播種前の2時間ほどメネデール水溶液の入った水につけました。

アデニアはこれまでもなんどもなんども挑戦してきたのですが、今回6個の種をまいて、3個発根しました。でも、2つは、そのあとすぐに成長が止まってしまい、今元気に成長している実生はたった1苗です。

はじめての実生苗です。大切に育てています。

Adenia Isaloensis
“Adenia Isaloensis” by BN, 02.05.2018

Adenia Isaloensis
“Adenia Isaloensis” – seedling by BN, 03.05.2018

Adenia Isaloensis
“Adenia Isaloensis” – seedling by BN, 08.05.2018

Adenia Isaloensis
“Adenia Isaloensis” – seedling by BN, 20.05.2018

“Adenia Isaloensis” – germination – seeding

Adenia Isaloensis - germination
Germination of “Adenia Isaloensis” by BN, 2018

[Sowing] : 15. April.2018

[Rooting] : about a week later

[Notes] Seed soaking about 2 hours / medium – perlite / germinated in electric propergator and stayed in there until took off the seed shell / germinated only 3 out of 6 seeds, and then 2 seedlings stoped growing. Only 1 seedling is left.

Adenia Isaloensis
“Adenia Isaloensis” by BN, 02.05.2018

Adenia Isaloensis
“Adenia Isaloensis” – seedling by BN, 03.05.2018

Adenia Isaloensis
“Adenia Isaloensis” – seedling by BN, 08.05.2018

Adenia Isaloensis
“Adenia Isaloensis” – seedling by BN, 20.05.2018

“ゼネリア・スカブラ” – 発芽

dsc_0011
“Zehneria Scabra” by BN, 2018

[英名] : Zehneria Scabra

[播種] : 7. May. 2018

[発根] : 9. May. 2018

[科] : Cucurbitaceae

[原産] : Southern Africa

dsc_0013
“Zehneria Scabra” by BN, 12.05.2018

dsc_0004
“Zehneria Scabra” by BN, 15.05.2018

[備考] 播種の前に2時間ほど、メネデール入りの水に種を浸しました。

パーライトの上に播種。

電気プロパゲーターの中に入れ、30度前後に保つ。

2日後に発根しました。

こちらはウリ科の蔓植物で成長すると塊根ができるそうです。そして小さなウリのような果実がなるらしいのです。しかも、それは食べられるそうです。

日本語で調べてみると、日本国内で育てている方は結構おられて、いくつかブログも読ませていただきました。

やや日焼けしやすく、水切れも好まず、みなさん共通して野菜の培養土でも良かったかも、と書かれているので、わたしは発芽して1回目の植え替えから、”トマトの培養土”で育ててみています。

さて、どうなっていくのか楽しみです。