“Discorea Elephantipes”

“Discorea elephantipes” by Botany Notes, 2018
“Discorea elephantipes” by Botany Notes, 2018
“Discorea elephantipes” by Botany Notes, 2018

It just woke up from its dormancy. It’s 2 years old and started being wrinkly!

“Zehneria Scabra (ゼネリア・スカブラ)”

img_1969
“Zehneria Scabra” by BN, 2018

img_1952

“Zehneria Scabra” by BN, 2018
dsc_0004-4
“Zehneria Scabra” by BN, 2018
img_1953-1
“Zehneria Scabra” by BN, 2018
img_1951
“Zehneria Scabra” by BN, 2018

[Notes]

I sowed the seeds on 7.May and these photos were taken in July.

They have grown so quickly.

Avoiding full sun and they love water in Summer.

It’s an edible fruit!

“Delonix decaryi (デロニクス・デカリー)” – Just woke up

dsc_0012-1
“Delonix decaryi” by BN, 2018
dsc_0013-2
“Delonix decaryi” by BN, 2018

It’s my 1 year old seedling. Just woke up from darmoncy.

[Family] : Fabaceae (Leguminosae)

[Origin] : Coastal southern and southwestern Madagascar

[ノート] マメ科デロニクス属に属す植物。夏の間は水を好むので、日向で管理しながら、水やりをしています。こちらは昨年実生した苗ですが、成長は早くたくさん葉をつけたものの、秋になると葉が黄色くなり落葉し冬眠しました。今年の春4月中旬くらいから外で管理していますが、冬眠から覚めたのは6月末くらいで、同じく冬眠していた他の植物に比べたらかなり遅めでした。

“Dioscorea Sylvatica (ディオスコレア・シルバチカ)” – germination – Seedling

caf9fb04-3ccb-4cef-8904-3303bb675c68
Seeds of “Dioscorea Sylvatica” by BN, 2018

Sowing : 25. May. 2018

Rooting : about 1 week

[Notes] medium – vermiculite, water in propagator / room temperature (about 22c) / germination rate: 80%

It’s my first time to sow “Dioscorea Sylvatica”. I have sowed “Dioscore Elephantipes” a few times in the past. It normally takes for 2 months to get germinated so it was a good surprise!

img_1787
Germination of “Dioscorea Sylvatica”, by BN, 2018
img_1746
The first leaf of “Dioscorea Sylvatica” by BN, 2018

(備考) ディオスコレア・シルバチカは、亀甲竜の葉を少し細長くしたような形をした葉をつけています。種も見た目はあまり変わらないように思いました。ただ、発芽のスピードが格段に早くてびっくりしました。これは、種類が違うからなのか、今回入手した種がたまたまそうだったのか、真相はわかりません。

“アデニウム・オデスム” – 発芽 – 実生苗

img_5991
Germination of “Adenium Obesum”by BN, 2018

[播種] : 26. March. 2018

[発根] : 30. March. 2018

[別名] : 砂漠のバラ

[備考] : 水はけの良い土 / 電気プロパゲーターを使用 (約30℃)

今回は、アデニウム・オデスムの “Sunday” と ”Mango” という種類の種を蒔きましたが、このあとで、”Black widow” という種類のAdenium Obesumの種を蒔きました。この種類も、発芽&成長も早く、30度くらいの温度と湿度が確保できれば、発芽はかなりスムーズにいくような印象でした。

[追記] : 実生苗にとって1年目の冬を外で越そうとしたのは誤りでした。たくさんの苗が順調に育っていましたが、全滅してしまいました。他のコーデックスに比べかなり寒さに弱いようです。

img_6029
“Adenium Obesum” by BN, 2018
img_6048
“Adenium Obesum” by BN, 2018
img_6077
Seedlings of “Adenium Obesum” by BN, 2018

“パキポディウム・エブルネウム” – 発芽 – 苗

img_6075
“Pachypodium Eburneum” by BN, 06.04.2018

[播種] : 2. April. 2018

[発根] : 5. April. 2018

[科] : キョウチクトウ科

[原産] : マダガスカル

[海抜] : 1500 – 1999 メートル

[備考] : 播種まえの24時間、メネデール入りの水に種につけました。種がかなり水を含んだように見えました。もう少し短くても良かったような気もします。

5個中すべてが発根しましたが、そのうち1本は成長が止まってしまったので、現在は4本の実生苗として成長しています。そして、すごく健康そうなのはそのうち2本。あとの2本は、この健康そうな実生苗に比べると成長も少し遅く、細いです。

[追記] : 2019年4月、1年目の冬を無事に越したのは、そのうち1苗のみです。

dsc_0002
“Pachypodium Eburneum” by BN, 08.05.2018

“カランコエ・フミリス” – germination

921d8bd7-596a-42a8-b9ff-4cade64e46f4
Seeds of “Kalanchoe Humilis” by BN, 2018

[播種] : 25. May. 2018

[発芽] : 29. May. 2018

[科] : Crassulaceae

[原産] : Tanzania, Malawi and Mozambique

[備考] : 水はけの良い土、常温、発芽しやすい。

1週間もすれば、もっとたくさん発芽してくることを期待しています。

dsc_0004-2
Germination of “Kalanchoe Humilis” by BN, 30.05.2018

“Kalanchoe Humilis” – germination

921d8bd7-596a-42a8-b9ff-4cade64e46f4
Seeds of “Kalanchoe Humilis” by BN, 2018

[Sowing] : 25. May. 2018

[Germination] : 29. May. 2018

[Family] : Crassulaceae

[Origin] : Tanzania, Malawi and Mozambique

[Notes] Well drained soil, room temperature, well germinating!

dsc_0004-2
Germination of “Kalanchoe Humilis” by BN, 30.05.2018